川崎市では何の感染症が流行っているの?(令和2年7月中旬)-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

川崎市では何の感染症が流行っているの?(令和2年7月中旬)

川崎市では何の感染症が流行っているの?(令和2年7月中旬)-「育心会」のコラム一覧

川崎市では何の感染症が流行っているの?(令和2年7月中旬)

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除後、通園・通学が徐々に再開される中で、「鼻水・咳が出ました」「熱が出ました」と体調を崩して外来受診される患者さんが増えてきました。では今、川崎市では何の感染症が流行っているのでしょうか?

 

川崎市の下記ウェブサイトでは、市内の医療機関から報告された情報に基づいて現在流行している感染症の情報が載せられています。

 

http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-13-8-11-4-1-0-0-0-0.html

 

「感染症週報(令和2年第28週)」によると、令和2年7月6日〜7月12日の間に報告された数が多かった疾病は、(1)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(いわゆる「溶連菌」)、(2)感染性胃腸炎、(3)突発性発疹、でした。(1)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、(2)感染性胃腸炎は今年5月上旬と比べると増加傾向にあります。市内の区別の報告数をみると、川崎区において感染性胃腸炎の報告数が他の区に比べて多くなっていました。

(※各疾患については当院の下記サイトをご覧ください)

https://mk-kodomo.com/medical/medical01.html

 

市内の流行状況は上の通りですが、通っている園や学校などの流行状況も診断においては重要な情報です。体調を崩して受診される際には、園や学校からの情報を一度確認していただければと思います。

院長 三井 理恵
院長 三井 理恵
  • 記事監修
  • 院長 三井 理恵
  • 群馬大学医学部医学科 修了、東京医科歯科大学医学部 皮膚科、東京医科歯科大学関連病院。
    皮膚科専門医、日本アレルギー学会、接触皮膚炎学会、日本研究皮膚科学会
小児科顧問 三井 俊賢
小児科顧問 三井 俊賢
  • 記事監修
  • 小児科顧問 三井 俊賢
  • 慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 修了、慶應義塾大学医学部 小児科、慶應義塾大学関連病院(こうかんクリニックなど)
    医学博士、小児科専門医、小児科指導医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック