【アデノウイルス感染症】発熱、目やに、下痢など要注意!-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

【アデノウイルス感染症】発熱、目やに、下痢など要注意!

【アデノウイルス感染症】発熱、目やに、下痢など要注意!-「育心会」のコラム一覧

【アデノウイルス感染症】発熱、目やに、下痢など要注意!

これから夏場に向けてアデノウイルス感染症が増える時期です。
先週からアデノウイルス感染症が急増しています。
〈症状〉
39-40度の発熱(4-5日持続します)、目の充血・目やに、のどの腫れが特徴的です
発熱のみの場合や、いわゆる風邪症状(咳、鼻水)を伴うこともあります。
下痢を伴うこともあり、アデノウイルスは胃腸炎の原因にもなります。
※アデノウイルスによる咽頭結膜熱(いわゆるプール熱(目の充血、のどの腫れ、発熱))は感染力が強く、登園禁止になります。
〈診断〉
当院ではアデノウイルス迅速検査による診断を行っています。
のどの粘膜から綿棒で粘液を採取し、迅速キットで10分ぐらいで診断できます。
症状が疑わしい場合は、早めの診察をお勧めいたします。
院長 久保田 亘
院長 久保田 亘
  • 記事監修
  • 院長 久保田 亘
  • 昭和大学医学部 卒業
    小児科専門医、小児科指導医、日本腎臓学会専門医、日本小児腎臓病学会代議員
    二子新地ひかりこどもクリニックでは、おねしょ・肥満・低身長・食物アレルギー・育児相談など、各分野の小児科エキスパート複数名で診療にあたります。
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック