正しいお熱の測り方-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

正しいお熱の測り方

正しいお熱の測り方-「育心会」のコラム一覧

正しいお熱の測り方

さくらキッズくりにっくの看護師です🌸
今日は「正しいお熱の測り方」について、お話します。


お子様の発熱は、保護者様が、もっとも不安になる症状ですね。

普段の体温ですが、一般的に子どもは成人よりも0.5度程体温が高い傾向にあります。
また体温は一定ではなく日周変動があり、睡眠中に下がり起床後より夕方にかけ上がります。
食事やお風呂上がりなどにも影響を受けます。

では、発熱とは?
発熱とは、感染症法では体温が37.5度以上のことで、発熱は、病気の原因であるウイルスや細菌と有利に闘うための防御反応です。

 

お子様の体温測定の方法と手順です(大人が使用してる電子体温計の場合)
①お子様のわきの下の汗を乾いたタオルなどでやさしく拭き取って下さい。
②体温計の先がわきの下の真ん中、奥にくるように、下から上向きにはさみます。
③きちんとはさめたら、お子様の腕を軽く押さえ、電子音がするまで、そのまましっかり固定して下さい。

 

発熱時には、もちろん体温測定は大事ですが、体温計の数字のみに振り回されずに、顔色や活気、機嫌、食欲やその他の症状も、しっかり見てあげて下さいね。 いつも、そばで見ている保護者様が「いつもと様子が違う」と思われたら早めに受診しましょう 🙂 

2021.02.24

院長 藤井 明子
院長 藤井 明子
  • 記事監修
  • 院長 藤井 明子
  • 北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター
    医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック