☀日焼け止めのお話②塗り方☀-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

☀日焼け止めのお話②塗り方☀

☀日焼け止めのお話②塗り方☀-「育心会」のコラム一覧

☀日焼け止めのお話②塗り方☀

☀日焼け止めの塗り方☀のお話です。

 

〇日焼け止めの利用方法

・日常の生活では塗る必要はありません。

(例えば、買い物、児童館や図書館への移動など30分くらいの外出)

「帽子👒」、「日傘🌂」、「衣服で覆う👕」、「日陰を歩く☁」で大丈夫です。

 

・1時間以上の屋外活動をするときに塗りましょう。

例えば、屋外プールや、海、公園、山歩き、キャンプなどなど。

屋外プール、海👙での活動時はラッシュガード着用をおすすめします。

山歩きや、キャンプ🏔は虫対策も考慮して、長袖・長ズボンがおすすめします。

 

・日焼け止めを塗る場所(特に大事な場所、忘れがちな場所)

日焼けしやすい場所→顔:おでこ・鼻の頭・頬

体:肩・首の後ろ・胸

塗り忘れしやすい場所→耳、唇(リップなどで対応)

首、首のうしろ、体の側面、手足の甲、ひざ裏

 

・子供たちは汗をたくさんかきますので、日焼け止めを塗っても汗で落ちてしまいます。

23時間おきまめに塗り直しましょう。

 

・買ったばかりの日焼け止めはいきなり全身に塗らずに、まずは小さい範囲に塗ってかぶれないか確かめてから広い範囲に使うようにしてください。

 

 

次は、☀日焼け止めの選び方☀のお話です。

 

 

さくらキッズくりにっく

(世田谷区桜新町の小児科)

院長 藤井 明子
院長 藤井 明子
  • 記事監修
  • 院長 藤井 明子
  • 北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター
    医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック