☀日焼け止めのお話①☀-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

☀日焼け止めのお話①☀

☀日焼け止めのお話①☀-「育心会」のコラム一覧

☀日焼け止めのお話①☀

暑い毎日☀が続きますが、元気な子供たちは外で遊びたいですよね。

でも、☀日焼け☀も気になりますね。

どんな対策をしたらいいのでしょう?

 

〇紫外線の浴びすぎを防ぐ方法

・紫外線の強い時間帯(9時~15時ごろ)の外出を避ける(真夏の場合です)

・日陰を利用する

・日傘、帽子、ベビーカーの日よけなどでカバー

・衣服で覆う(薄い長袖、長ズボンなど)

・日焼け止めを上手に使う

・大人はサングラスが有効です

 

〇サングラス😎

紫外線は目の角膜や網膜で吸収され、紫外線から目を防御する機能を持ってま

す。と

ころが、目が紫外線をあびすぎると、紫外線から体を防御するため脳へメラニンを作るように指令をだし、シミの原因となるメラニンを増やすように働きます。

UVカットのサングラス😎で目を守りましょう。

 

 

次回は日焼け止めの塗り方のお話です。

 

さくらキッズくりにっく

(世田谷区桜新町の小児科)

院長 藤井 明子
院長 藤井 明子
  • 記事監修
  • 院長 藤井 明子
  • 北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター
    医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック