お子さんのかんしゃくが起きた時には…-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

お子さんのかんしゃくが起きた時には…

お子さんのかんしゃくが起きた時には…-「育心会」のコラム一覧

お子さんのかんしゃくが起きた時には…

こんにちは。さくらキッズくりにっくの心理士です。日々お子さんと関わる中で、大変なこと、困ってしまうことは沢山あると思います。そのなかでも、今日は『かんしゃく』をテーマにお話をしたいと思います。

かんしゃくとは、子どもが自分の気持ちを表現する方法のひとつですが、親御さんにとってはどんなになだめても大声で泣き叫んだり、大の字になって寝転ぶ我が子を見て、「なぜ分かってくれないの?」とイライラしたり、どう関わればいいのか…と悩んでしまうことも少なくないと思います。そんな時は、“どんな時にどんな理由で起こるのか”というポイントを意識してみてはどうでしょうか。親御さんにとっては何でもないことでも、そういえば、いつもと違う道を通っていた、遊んでいる途中でおしまいになってしまった、もしかしたら疲れていたのかも…など、お子さんにとっては一大事のことがあるかもしれません。

お子さんのかんしゃくが起きた時は、まずはお子さんの安全を確保し、見守ってあげましょう。「かんしゃくを早くおさめよう」と焦って沢山声をかけてしまうと、より長引いてしまうこともあるので、説明してなだめようとしすぎずに、見守ってあげてください。そして、少し落ち着いたタイミングを見計らって「○○だったよね」とお子さんの気持ちを代弁して言葉をかけてあげましょう。お子さんにとっては“気持ちを分かってもらえた体験”と“正しい表現方法を知る体験”に繋がっていきます。その後は、お子さんの好きな別の話題にさりげなく切り替えてあげると、お子さん自身も気持ちを切り替えやすくなります。

かんしゃくと言っても、頻度や程度、表現の仕方はお子さんによって様々です。今回お伝えした方法も関わりのうちのひとつにすぎませんが、ぜひ普段とは視点を変えて関わってみてくださいね。それでも関わりに困ってしまう時や、親御さんの自信がなくなってしまう時には、ぜひお気軽に相談してください。

院長 藤井 明子
院長 藤井 明子
  • 記事監修
  • 院長 藤井 明子
  • 北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター
    医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック