こどもの夜尿症、一緒に治しませんか?-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

こどもの夜尿症、一緒に治しませんか?

こどもの夜尿症、一緒に治しませんか?-「育心会」のコラム一覧

こどもの夜尿症、一緒に治しませんか?

 先週日曜日にちびまる子ちゃんを見ていたら、ゲストで登場していたタレントの伊集院光さんが、「まるちゃん、実は僕ね、10歳までおねしょしていたんだよ。」とおっしゃっていました。まるちゃんはびっくりしていましたが、伊集院さんのようにおねしょで悩んでいるお子さんは意外といらっしゃるんですよね。 いつか治るかな、いつごろ治るかな。子供も気にしているからあまり焦らないほうがいいかな。お子さんだけはなく、ご両親も心配ですよね😞

 夜尿症は「6歳以上になっても月に数回以上続く」場合に診断されます。小学校低学年で10%、高学年でも5%のお子さんが、夜尿症で困っていると言われています。高学年になると、学校行事でお泊りをする機会もあり、せっかくの楽しい行事が不安なものになってしまいますよね。

 夜尿症は年齢を経るごとに自然に治る場合がほとんどですが、医療機関で適切な治療を受けることで、2-3倍治る率を高くすることができると言われています。 夜尿症と診断されたら、生活習慣の改善や飲み薬、アラーム療法による治療を開始します。

 今も当クリニックでは夜尿症の治療を頑張っているお子さまが多くいらっしゃいます。夜尿日誌を付けていただいていますが、成功のシールが増えていくのを見ると、私までうれしい気持ちになり、外来でお子さんとご家族と一緒に喜んでいます 😆

 夜尿症の治療には少しお時間がかかる場合があります。学校行事などを控えているお子さまは、早めにご相談ください🌸 また当院のブログにも、過去に夜尿症の記事をupしていますので、参考にしてみてください。
夜尿症 | blog (sakurakids-clinic.com)

 

院長 藤井 明子
院長 藤井 明子
  • 記事監修
  • 院長 藤井 明子
  • 北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター
    医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック