Q 新型コロナ感染症が心配です。子どもでもマスクをしたほうがいいですか。マスクをつけられないときはどうしたらいいでしょうか。-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

Q 新型コロナ感染症が心配です。子どもでもマスクをしたほうがいいですか。マスクをつけられないときはどうしたらいいでしょうか。

Q 新型コロナ感染症が心配です。子どもでもマスクをしたほうがいいですか。マスクをつけられないときはどうしたらいいでしょうか。-「育心会」のコラム一覧

Q 新型コロナ感染症が心配です。子どもでもマスクをしたほうがいいですか。マスクをつけられないときはどうしたらいいでしょうか。

Q 新型コロナ感染症が心配です。子どもでもマスクをしたほうがいいですか。マスクをつけられないときはどうしたらいいでしょうか。

A感染している人のくしゃみや咳に含まれる飛まつを直接浴びないという観点からは、マスクをすることの利点はあるかと思います。しかし、小さなお子さんでは現実的ではないと思われます。さらに、今年の夏は猛暑と予想されています。マスクを付けることで、より熱中症のリスクが上がってくると思われます。
よって、正しくマスクが付けられない小さな子どもはマスク着用は必ずしも必要ないと思われます。その代わりに、以下の事に注意して感染予防を行なっていただければと思います。
子どもの患者のほとんどは、家庭内において親から感染していますので保護者の方が感染しないこと、感染した方から1-2メートル以上の距離を保つことがお子さんの感染予防につながります。また、コロナ感染の主は接触感染と言われております。ウイルスに汚染された手で、口や鼻、目を触ることで感染しますので、手洗いや消毒の方がより大事です。

さくらキッズくりにっくでは、『クリーニングタイム』とワクチン・健診・専門外来のための非感染時間帯『クリーンタイム』を設けております。少しでも安心して受診していただけるよう努めて参ります。

世田谷区 桜新町・弦巻・用賀・深沢の小児科
さくらキッズくりにっく

院長 藤井 明子
院長 藤井 明子
  • 記事監修
  • 院長 藤井 明子
  • 北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター
    医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック