臍ヘルニアの圧迫固定療法-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

臍ヘルニアの圧迫固定療法

臍ヘルニアの圧迫固定療法-「育心会」のコラム一覧

臍ヘルニアの圧迫固定療法

臍ヘルニアといってもなじみがないかもしれませんが、いわゆる出べそのおはなしです。生下時には臍部の膨隆はみとめませんが、生後2~4週ごろに臍部が膨隆しはじめて、生後2~3か月ごろまでに次第に大きくなります。これが臍ヘルニアです。自然治癒することが多く、従来は予後良好とされ放置されていた時もありました。しかし、中には長期にわたって臍部の皮膚が進展するために、臍部が周囲の皮膚から突出した状態(臍突出症)になり、形成術が行われることもあります。
当院では、臍ヘルニアに対して綿球を用いた圧迫固定療法を行っています。この固定療法で早期に直すことにより、臍突出症が残るのを防ぐことが期待できます。生後2か月のワクチンデビュー外来やそれ以降の予防接種の際でも臍を診察し、必要に応じて圧迫固定療法を開始いたします。ご心配があれば、まずはご相談ください。

院長 藤井 明子
院長 藤井 明子
  • 記事監修
  • 院長 藤井 明子
  • 北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター
    医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック