☀あせものお話☀-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

☀あせものお話☀

☀あせものお話☀-「育心会」のコラム一覧

☀あせものお話☀

☀あせものケアについてのお話☀

 

ムシムシした暑い日が続きます。そろそろ「あせも」の季節になりました。

今日は、あせもの予防についてのお話です。

 

 

①シャワーや水遊びで汗を流しましょう。

夏はこれが一番効果的です!

ただし、石鹸を使うのは、入浴時のみでOK。

 

 

②薄着(大人より1枚少なく!)

おなかがみえても大丈夫。

ロンパースよりTシャツでおむつ回りを開放的にすることがポイントです!

 

 

③汗をかいたらすぐにおきがえ。

 

 

④衣類は吸水性がよく、乾きの早い素材がおすすめ。

 

 

⑤室内温度の管理

特にあせもは寝ている間にできるものです。

クーラーを上手に活用することもポイントです。

 

 

⑥保湿によるスキンケア

皮膚のバリア機能を保ち、汗から肌を守りましょう。

 

 

⑦保冷剤(だっこひもを使用するときなど)

 

 

〇あせもができる部位は、下記の場所です。

・頭皮、おでこ・鼻の頭、首まわり、胸、おなか、背中、

・皮膚のこすりあう部分(肘や膝の内側、手首、足首、脇の下)

・おむつのあたる部分(おなかまわり)、だっこひもでお母さんと接触する部分

水遊びや入浴の時に汗を流してあげてください。

 

〇かゆみを伴うあせもになったら・・・

掻きすぎてとびひになることもありますので、かゆみを伴う湿疹になった場合は、治療が必要です。

はやめに医師にご相談ください。

 

 

次は、日焼け止めのお話です。

 

さくらキッズくりにっく

(世田谷区桜新町の小児科)

院長 藤井 明子
院長 藤井 明子
  • 記事監修
  • 院長 藤井 明子
  • 北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター
    医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック