授乳中のお薬-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

授乳中のお薬

授乳中のお薬-「育心会」のコラム一覧

授乳中のお薬

授乳中なのでお薬が飲めないですよね、と相談されることがあります。お薬なしで頭痛や風邪を我慢してすごしているママ、きついですよね。しかし、お薬を飲みながら授乳できる場合もあります。授乳中に安全に使用できると考えられているお薬は90種類以上あります。一部を下記に記します。

解熱剤・痛み止め:アセトアミノフェン(カロナール)、イブプロフェン(ブルフェン)

抗アレルギー薬:フェキソフェナジン(アレグラ)、デスロラタジン(デザレックス)

胃薬:ファモチジン(ガスター)

頭痛、感冒でなどで一時的に上記の薬を飲むのは安全に使用できます。ママが病気のために長期的に薬を飲まなければならない場合は注意が必要です。その場合には、治療を受けている医師に長期的に内服しても比較的安全な薬に変更してもらうなど相談してみましょう。

頭痛や風邪できついけど、授乳中でご心配の場合には、当院でご相談ください。

2021.05.01

院長 藤井 明子
院長 藤井 明子
  • 記事監修
  • 院長 藤井 明子
  • 北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター
    医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック