気をつけたいことばかけ:ダブルバインドメッセージとは-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

気をつけたいことばかけ:ダブルバインドメッセージとは

気をつけたいことばかけ:ダブルバインドメッセージとは-「育心会」のコラム一覧

気をつけたいことばかけ:ダブルバインドメッセージとは

「お母さんに言われてから勉強するようじゃ駄目ね。」

「外で元気に遊びなさい。でも遊びすぎもダメよ。」

こんなことば、聞いたことがありますか。

 

こんにちは。さくらキッズくりにっくの心理士です。今日は、子育て中によく発しがちな「ダブルバインドメッセージ」についてのお話です。「ダブルバインドメッセージ」とは、1つのメッセージの中に2つの矛盾したメッセージが含まれる状態のことを言います。上に挙げたようなメッセージが、該当します。どこか奇妙な感じにお気づきでしょうか?

このようなメッセージはどちらに行っても行き止まりになる構造ですので、日常的に繰り返し言われると、子どもは混乱します。

こういったコミュニケーションは何も親子関係だけではなく、大人の世界でも行われることがあります。例えば、「何でも聞いてね」と言っておきながら「そんなこと自分で考えて」と言ったりするような場合がそれに当たります。とても嫌な気持ちになり、相手に不信感を持つことがご想像頂けるかと思います。

子どもへのメッセージはシンプルで分かりやすい方が良いです。上の例で言いますと、「勉強の時間だよ」「外で元気に遊んで、〇時になったら帰ってね」…是非このようなシンプルなメッセージにして伝えることを意識してみてくださいね。そして、伝えて、できていることは是非認める(見て留める)声かけも意識してみましょう。

院長 藤井 明子
院長 藤井 明子
  • 記事監修
  • 院長 藤井 明子
  • 北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター
    医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック