東京都の2022年度のシナジス外来は6月1日から!-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

東京都の2022年度のシナジス外来は6月1日から!

東京都の2022年度のシナジス外来は6月1日から!-「育心会」のコラム一覧

東京都の2022年度のシナジス外来は6月1日から!

当院では、RSウイルス感染の重症化を予防するシナジス接種を行っています。
本年度のシナジス外来は、東京都においては2022年6月1日から開始されます。

早産児や生まれつき心臓に疾患がある乳児のために、通常は大学病院や総合病院で行われる治療です。そのため近くのクリニックではシナジス注射を受けられず、注射だけのために毎月、遠く離れた総合病院まで足を延ばさないといけない赤ちゃんがほとんど、というのが現状です。
これを解消するため、当院ではシナジス外来を開設しています。初回の投与は大学病院で、2回目以降から当院というご希望もお受けいたします。予約はお電話で承っております。

RSウイルスとは
乳幼児に呼吸器感染症を引き起こす重要な原因ウイルスです。大人が感染した場合は軽いかぜ症状のみでおさまりますが、予定日よりも早く生まれた赤ちゃん、生まれつき呼吸器や心臓に病気をもっている赤ちゃんなどが感染すると重症化することがあります。1年を通じて感染がみられますが、特に秋から春頃に流行します。今のところ、RSウイルス感染症に有効な治療薬はありません。

シナジス注射とは
RS ウイルス感染症が重症化し、肺炎や無呼吸発作のため入院治療が必要となることがあります。このRS ウイルス感染症の重症化を防ぐ目的で開発されたのがパリミズマブ(シナジス®)です。
シナジスは通常の予防接種で行うワクチンではなく、RS ウイルスに効果がある抗体成分を精製したもので効果は約1 か月です。流行期の間、毎月投与する必要があります。予防接種との間隔を考慮する必要はなく、同時接種も可能のため予防接種スケジュールを変更する必要はありません。

シナジス注射の適応
以下の方は重症化のリスクが高く保険適応でシナジスを接種できます。
①早産児
・在胎期間28 週以下(28週6日まで)で6月時点で12 か月齢以下
・在胎期間29 週~35 週(35週6日まで)で6月時点で6 か月齢以下
②24か月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患の児
③免疫不全があり、6月時点で24か月齢以下の児
④ダウン症候群があり、6月時点で24か月齢以下の児

2022.05.16

院長 髙木 優樹
院長 髙木 優樹
  • 記事監修
  • 院長 髙木 優樹
  • 慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。
    日本小児科学会、小児科専門医・指導医、日本内分泌学会内分泌代謝科(小児科)専門医・指導医、人類遺伝学会 臨床遺伝専門医、日本内分泌学会評議員、日本小児内分泌学会評議員、神奈川小児糖尿病研究会 世話人
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック