便秘かもと思ったら-「育心会」のコラム一覧

ヘッダー画像

便秘かもと思ったら

便秘かもと思ったら-「育心会」のコラム一覧

便秘かもと思ったら

こんにちは。さくらキッズくりにっくの看護師です🌸

新生活がスタートし、そろそろ生活の変化が心身の変化として現れてくる時期かと思います。そのなかで、特に便秘になる方が多くなる時期です。そのため今回は便秘についてお話ししたいと思います。

便秘の改善に大切なのは、生活習慣の見直しと食事療法です。

①早寝早起きに努め、ゆとりあるトイレの時間をもち、大腸が活発になる朝方にトイレへ座る習慣づけをすること。

②トイレに行きたくなった時に我慢をしないこと。

③トイレットトレーニングを始める方の場合は、排便のリズムがついてから無理なく始めること。

④しっかり食事や水分をとらないと、便の素が腸に溜まりづらく、大腸も正常に動きにくいため便が滞留し硬くなります。乳幼児期の場合は、腹筋がまだ発達していないので踏ん張る力が弱いこともあり、便秘になりやすいです。

それを防ぐためにも食事療法が大切です。特に食物繊維の摂取が効果的で野菜、果物、海藻、豆類、芋類に多く含まれています。お菓子、甘い飲み物だけではなくしっかりとした食事をとりましょう。

しかし、以上を工夫しても改善が無いときもあります。

その際は小児科の受診をしていただき医師により指導の元、お薬での治療になることもあります。薬の使い方が不十分で便秘状態が続くと大腸はそれを記憶してしまい、なかなか便秘状態を改善できにくく、そのことから浣腸や薬は癖になると誤解されていることがありますが、自己判断で調整せずきちんとした治療の元、便秘ではない状態を作ることが大切です 🙂 

2021.04.28

院長 藤井 明子
院長 藤井 明子
  • 記事監修
  • 院長 藤井 明子
  • 北里大学医学部卒、東京女子医科大学医学系大学院修了、東京女子医科大学病院、千葉市立海浜病院、長崎大学病院、長崎県立こども医療福祉センター
    医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん学会専門医
クリニック別コラム一覧
  • 問診
  • ミューザ川崎こどもクリニック
  • 新川崎ふたばクリニック小児科皮膚科
  • さくらキッズくりにっく
  • 武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
  • ミューザ川崎こどもクリニックプラス
  • 二子新地ひかりこどもクリニック
  • 渋谷国際皮膚科医院
  • 糀谷こどもクリニック